突発性難聴

突発性難聴で片耳が聞こえなくなった場合、

障害年金をもらえるのでしょうか、という問い合わせがございました。

突発性難聴に限らず、

聴力に障害が有る方は、

ポイントとして、平衡機能障害を併存することがあるので、

その場合は、平衡機能障害の診断書も提出すると、

機構は併合認定の取り扱いを行うと書いてあります。

以上日本年金機構のHPから引用。

障害認定基準2級相当を見ますと、

両耳の聴力レベルが90デシベル以上のものが

2級以上となっておりますが、

他に、

「身体の機能の障害が前各号と同程度以上と認められる状態であって、

日常生活が著しい制限を受けるか、又は日常生活に著しい制限を

加えることを必要とする程度のもの」とあります。

これは、

両耳の平均純音聴力レベル値が 80 デシベル以上で、かつ、

最良語音明瞭度が 30%以下のものをいう、と

書いてあり、この場合でも2級該当の可能性があるようです。

当事務所にご相談頂きますと

じゃあどうすればよいのか、わからないという方の

サポートを致します。

問い合わせメールから、

代行の希望のある方のみ、

メールを送信下さいますようお願い申し上げます。