障害年金をもらうためには、以下の三つの要件を満たさないといけません。

  1. 初診日要件
  2. 納付要件
  3. 認定日要件

1の初診日要件とは、障害の原因となる傷病について、

自覚症状が有って、初めて医師または歯科医師の診察を受けた日の事です。

子の初診日において、年金制度(国民年金、厚生年金、共済年金)に

加入していることが要件です。

但し、20歳前、及び60歳以上65歳未満の例外もあります。

この初診日において、加入していた年金制度に障害年金請求書を提出します。

2の納付要件とは、自動車保険と同じように、事故(障害発生)が起きてから、

保険料を納めても駄目ですよという考えに基づいています。

すなわち、初診日の前日において、

初診日の属する月の前々月以前の、年金制度加入期間の三分の二以上が

納付である、国民年金保険料免除になっていないとダメなのです。

65歳未満に初診があるばあい、平成38年3月31日までの期限もありますが、

初診日の属する月の前々月以前の、直近1年に未納が無ければOKという

特例もございます。

普通はこの直近1年に未納が無ければ納付要件問題なしと判断されます。

3の認定日要件とは、障害の状態を確認すべき日、

原則、初診日から1年6月経過した日において、

障害の状態が、国の定めた障害等級認定基準に該当しているか、否かという事です。

障害基礎年金の場合、

障害の状態が軽症であると、結局診断書を添付して請求しても、

障害等級認定基準の2級以上に該当しないので、

請求に対して、却下=不支給決定が出ることがあります。

以上、皆様の参考になれば幸いでございます。