9月18日月曜日、

明石市のお客様と

待ち合わせをして、

医療機関に診断書を

受け取りに参りました。

お世話になっている医療機関なので、

ご挨拶も兼ね、受付の女性に

名刺等を配布させて頂きました。

診断書は

病状を明確に反映した内容と

なっており、安堵しました。

医療機関から場所を変え、

お客様に診断書記載の傷病名を

請求書に記入頂き、

すべての書類を完成させました。

お客様と別れた後、

私が単独で年金事務所等に

障害年金の請求書を提出、

無事に受理されました。

後日、請求書の受付控えと

説明事項の確認書類と

請求書一式のコピーを

送付する旨予定を

お客様にメールでご報告しました。

過去のお客様からの紹介で

受託した事案です。

時間的な制約等難しい条件が

ございましたが

ひと段落し、

安堵致しました。